初入院

2017/11/11

以前から何回か書いているのですが、

ここ最近めっきり病気がちだな〜なんて

思っていたら、なんと入院してしまいました!!!

病気は溶連菌。

これって、子供がよくなる病気で、私も子供の頃

よくなっていたのを病名を聞いて思い出しました。

まれに大人もなるそうです。そうそんな病気に

なってしまいました・・・。

昔から風邪を引くと喉からきていたのですが、

今回も一番始めは喉の痛みから体の痛みがきて、

突然の発熱。

その後、病院からもらった薬を飲み熱も下がり

喉の痛みをなくなったので、治ったと思っていたら、

また同じ症状。

薬を飲んで、また治り、更に1週間したらまた同じ症状。。。

こんなことを3回(合計3週間)も繰り返し、

嫌になっていた所、今週の月曜日また同じ症状で

喉の痛み、全身の痛み、発熱が。。。

会社の社長が、もう全然治らないからシンガポールの

病院へ行ってしっかり検査してもらってきなさい、と

いう事で、一旦ジャカルタの医師の指示を仰ぐ為に病院へ。

シンガポールへ行くのもきちんと医師の指示があれば

保険でカバーできるのです。

病院へ行くと、とりあえず解熱と脱水症状の為に点滴をすることに。

この看護婦の注射の下手な事下手な事・・・。

既にシンガポールの病院で点滴した後は全く残ってないのに、

ここでやられた注射の後は未だに痛いんですけど・・・

「痛い・・・」と我慢しても思わず漏れてしまった私に

子供じゃないんだから・・・的な発言!

いや!!

あなたの下手の注射はほっんとーに痛いんですって!!

病院の関係者が私をシンガポールに搬送するか会議を

した所、医師は私があまりにも脱水症状がひどすぎるので

このままでは普通の民間機には乗れない。

最悪はチャーター便で行ってもらうかもしれない、と・・・。

ひゃあああ〜〜〜

なんだか大事になってる・・・・。

でも、最終的に一般飛行機に乗る許可がおり、ジャカルタ発

シンガポール航空に乗り一路シンガポールへ向かう事に。

もちろん病院から空港までは救急車!

わぉ!人生発の救急車でございます!

運ばれる時もいつでも薬が投入できる様に腕に刺した

点滴はそのままに。

もちろん空港内も車いすで楽チン。なんてその時はそんな事も

考える余裕もありませんでしたが・・・。

イミグレだってスルーですよ!入国審査なんてしません。

鞄の中に入っていたポカリだって液体でも病人なら持って

行けちゃいます!(すごい・・)

そして今回はもちろん(?)ビジネスクラス!

空港到着して一番にここシンガポール航空のビジネスラウンジへ。

一緒に医者が同行して行くんですが、この医者がどうぞ、

何か好きな物食べてください。

って食えるわけないだろ〜〜〜〜

食べれてたらシンガポールへなんて行ってません・・・・。

でもスタッフが気をきかせて持ってきてくれたスープだけは

頂きました。うん、美味しかった・・・。

初のビジネスクラスシート。

※この写真に写ってる人は全く関係ありません(笑)

取り直す気力が無かっただけで・・・

そりゃあね、エコノミークラスではこの体調じゃ辛いけど、

やっぱり広くてラクチンだね〜ビジネスは!!

機内食、チキンかビーフかサーモンと言われ食べれる自身ゼロ

だったけど、とりあえずサーモンを選んでみる事に。

おいしそ〜〜〜〜!!!!食べたい〜〜〜〜!!!

と思い1口食べてみるが、おぇっ・・・。

吐き気でやっぱり食べれません(泣)もったいない・・・・。

ラウンジにしても、ビジネスクラスにしても本当は

もっともっと堪能したいのに、何も堪能できません。

そして食事の時に「お飲物は?」と聞かれ「水」と答える

私を横目に、隣の医者は「シャンパン」

シャンパン!!??

楽しんでますね〜、ドクター。と嫌みの一つも言いたくなるのを

ぐっと抑え、私はそのまま眠りにつきました。

食事を下げにきたCAが一言。「お口に合いませんでしたか?」

そんなことないんです〜、ただただ病気なんです(泣)と

声を大にして言いたかったが、気力も無い私は「Im sorry」と

しか言えませんでした・・・。

無事2時間弱のフライトを終え、シンガポールに到着後

ホテル迄ももちろん救急車。

ただ、シンガポール空港で迎えにきているはずの車いすが

来ておらず、シンガポール空港内は歩く事に。

あの広い空港を歩くのはかなりきつい!!!

途中何度も休憩し、やっと空港の外へ出ました。

あそここそ、車いすが欲しかった!!!

到着は夜遅かったのでそのまま点滴をしながら寝る事に。

部屋は個室で、トイレもシャワーも完備。

ホテル並みに綺麗なお部屋です。

せっかくシンガポールまできたけど、私が毎日見た景色はこれだけです(笑)

私の場合、食事制限がありまして塩分と油ものは相当控えられて

まして、初日の朝食はこれだけ。

このオートミールのまずい事まずい事。

味が無。

本当に何の味もしないのです。

食欲の無い所にこの無味は辛く、結局フルーツと卵だけ食べました。

こんな入院生活は3日間続き、水曜日にやっと退院許可がでまして

木曜日に退院してきました。

水をコップに10杯飲めたら退院していい、なんて医師に言われたけど

絶対飲めないよ〜〜〜〜って初めは思ってたけど

健康になってくるに従って意外飲めるもんですね(笑)

帰りのフライトは・・・なんて少し期待しけどもちろん元気になった

帰りはエコノミー・・・・。

(そりゃあそうだよね)

今現在まだ自宅療養中で、医師からは20日まで自宅で安静に

する事、食事制限を続ける事と言われ現在頑張ってます。

今回私がなった溶連菌。喉の病気ですが、完全に菌を殺さないと

何回も何回も再発し、菌も段々抗生物質への免疫ができてしまい、

薬が聞かなくなってきてしまうそうです。

突然筋肉痛の様な体の痛みがあり、発熱する病気ですので

ジャカルタにお住まいの皆さん、なかなか治らない風邪、喉の痛みが

あったらご注意下さい!

シンガポールの医師曰く、疲労・食事(特に油)・空気の悪さが

(喫煙する人はタバコ)原因だそうです。

インドネシアの生活には結構当てはまってますよね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村